携帯の履歴

 

携帯見てもただの浮気の疑惑にすぎない

 

携帯の履歴を見ると怪しげな着信が多く浮気に違いないと思うかもしれませんが、これだけでは浮気の証拠とするには少し難しい物があります。
通話の内容が残っているのであればまだしも履歴だけでは、それが何を意味するものなのか判断をすることができないためです。

 

例えば浮気相手が職場の同僚といった場合には、電話がかかってくる事自体は不自然なものではありませんから携帯の履歴だけを持ってして浮気の証拠とはすることができないのです。

 

浮気の証拠にすることはできずとも、浮気をしているのではないかと臭わせるものになることは事実であり携帯の履歴をチェックすることによって浮気の可能性を探ること自体はできます。

 

浮気の証拠というのは客観的に診て誰もが浮気をしていると呼べるものでなければ、認めてもらうことはできませんから怪しいと思った時にはもっとはっきりとした証拠が必要となってきます。

 

浮気相手とホテルに入っていったなどといった写真などがあれば、言い訳をするのは難しいものとなってしまうのでこのぐらいのものがあれば証拠となりえます。
証拠はひとつだけで十分というのではなく、いくつも重なって決定的な証拠となるわけですから浮気をしていることを証明したい場合にはいくつも証拠を集めることが重要となります。

 

しかし、浮気の証拠を個人で集めるというのはかなり難しいことですからそのような場合には浮気調査を専門家に依頼をして、白黒はっきりしてもらうのが一番確実な方法となります。

 

浮気をしているかどうかはっきりしないという場合には費用を考えて踏ん切りが付かないこともあるかもしれませんが、確信に近いぐらいに浮気をしていると思っているのであれば専門家に相談をするのが証拠を集めるには効果的です。

 

下手に個人で証拠を集めようとすると相手に気づかれてしまって、ガードがかたくなってしまい余計に証拠を掴みづらくなってしまうこともあるので専門家に任せるのが確実なのです。