配偶者の浮気を疑って浮気調査を依頼する、これは最近珍しいことではないようです。

 

浮気調査後に復縁する場合・離婚する場合

 

探偵による浮気調査が一般的になりつつあり、以前のように怪しい業者ばかりではなく信頼できる業者を選べるようになったことで、気軽に依頼できるようになったからかもしれません。

 

しかし、浮気調査をする場合、その証拠を掴んだことで自分がどうしたいかをはっきりと決めているという人はそれほど多くないといいます。浮気が事実なのか確かめたいという気持ちで依頼するわけですが、事実であるとハッキリ分かってから身の振り方を決めようと考える人が多いのではないでしょうか。探偵に浮気の証拠を掴んでもらうことで、実は離婚にも仲直りするにも有利になれるのです。離婚するのなら、その掴んだ浮気の証拠で配偶者と浮気相手が不貞行為を行っていたことを実証でき、自分から離婚を切り出しても認められるし、慰謝料を配偶者と浮気相手の双方に支払わせることも可能です。子供がいれば親権を取り、養育費も支払う約束をさせることもできますし、財産分与も有利になる可能性があります。

 

ですから、もし浮気が発覚した時点で離婚を決めたのなら、浮気調査を依頼する方が断然有利になるでしょう。しかし、離婚をするかもしれないと思っても、結局仲直りがしたいのだと気がつくこともあるようです。もし、浮気が事実であっても仲直りがしたいと考えているのなら、調査で得た証拠を配偶者に見せて自分がどういう気持ちなのかをきちんと打ち明け、じっくり話し合うことが大切です。場合によっては二度と浮気相手と会わないことを誓わせて誓約書を書かせても良いですし、浮気相手に慰謝料を請求しクギを刺しても良いでしょう。

 

結果は出たけれど自分では迷っているという場合には、探偵に相談しても良いでしょう。探偵は数々の浮気問題に取り組んできたプロフェッショナルですから、悩んでいることに対し適切なアドバイスをしてくれるでしょう。離婚や慰謝料請求など、法的な問題も探偵に相談すれば提携している弁護士を紹介してもらうこともできます。
どのような道を選ぶとしても、探偵に力になってもらえば心配には及ばないということでしょう。